無料体験・見学随時受付中!お気軽にお問い合わせください。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会の発足
2009年12月22日 (火) | 編集 |
それは、生涯学習センターから始まった

 私たちヨガを楽しむ会は、2002年5月から3ヶ月間、府中市生涯学習センターで
開催されたスポーツセミナー「初心者のためのヨガ教室」を母体としています。
「せっかく習ったヨガをもっと続けたい」そんな思いから講座が終わった後も、有志が
集まって活動を続けてきました。

現在の、私たちの練習日と開始時間(水曜19:30~)は、実は当時の講座の日程を
そのまま引き継いだものなのです。

発足時の様子

○命名
最初は会の名前などもちろんありませんでした。
でも、会場を借りる時などやっぱり会の名前というのは必要になるものなのですね。

そこでようやく名前を何にしようか?という話になり、名誉会長の望月さんが
付けてくれたのです。

ちなみに会費を預けている預金通帳にも会の名前がちゃんと入ってます。


ヨガマット今むかし

活動当初(2002年)はヨガマットを売っているところがなかなかなくて、先生所属の
スタジオのものを譲ってもらっていました。

スタジオのマットは、たしかオーストラリア?から輸入とかで、でっかいロール状に
なっており、それを先生が1人分づつハサミで切っていたという話です。

発足時のメンバーのマットを今度よく見てみてください。

それぞれビミョーに長さが違います。しかも、斜めに切れてるし。。。。
色もなんだかなーという感じで、およそお洒落さとはほど遠いのですが、私たちは
このマットが結構好きです。

月日は流れ、ドンキホーテでヨガマットが買えるようになりました。
毎週、先生がリュックにマットを背負って納品してくれたのも、もはや懐かしすぎるお話です。

会の危機

○メンバーが足りない
発足時は約20人の仲間がいて、いつも商工会議所の中会議室いっぱいにマットが敷かれて
いました。
しかし、活動が長期になってくると、やはり退会があるのは避けられません。
続けたくても職場が異動になって通えなくなったり、家庭の事情があったり、、、、
「通い続けること」って結構大変です。
危機は発足2年目の冬にやってきました。メンバーが8人にまで減ってしまったのです。
このままでは会場も借りられないことに。。。
頭の中の白いスクリーンに「解散」の文字がよぎります。
友人に声をかけたり、体育館にチラシを貼らせてもらったり、私たちは勧誘を開始しました。
といっても、「まあ、駄目ならだめってことだから~」、と切迫感があんまりありません。
とはいえ、やっぱりヨガは続けたかったので、よっしーもスーパーサエキに自分で作ったチ
ラシを貼らせてもらいました。
今、ヨガはブームでもあり、フツーのものになったのかも知れませんが、友達に声をかけて
くれた人に反応を聞いたところでは、まだまだちょっと特殊なイメージで見られていたよ
うに思います。
快く掲載して頂けましたが、先方から見ると、かなり、うさんくさかったんだろうな。。
サエキさん、ありがとう。

○「若手」の登場
よっしーのチラシには全く反応がありませんでしたが、望月さん作成チラシには何件か問
い合わせも入ってきました。
そして、季節は春を迎えると、「4月のやる気」によるものか、ヨガブームの追い風が東府中
の片隅にまで吹いてきたのか、またじわじわとメンバーが増えてきたのです。
当時「若手」と先生に呼ばれていたともぞう、kyokoちゃん達が入ってきてくれたのはこの頃
です。
活気が出てきて今後がますます楽しみとなりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。